ノーベル賞受賞成分配合『 EGF Silky 』で蘇る肌を体感
コスメに依存しない、素肌美人を目指す EGF Silky..*

にきび予防

肌に必要不可欠なビタミンの働き!!

にきびは毛穴がつまった程度の段階は黒にきび、炎症を起こして赤い状態は赤にきび、化膿した状態は黄にきびと3つの段階にわけられます。


ホルモンバランスが安定しない10代は特に皮脂が過剰に分泌されるので、毛穴がつまることがにきびの原因になります。


にきび予防のための洗顔は、まずぬるま湯で汚れを落とした後に洗顔料をよく泡立ててやさしく洗います。


それから、食事も間食をあまり摂らないようにして、ファーストフードなどの油分の多い食べ物も避けるようにします。


にきびの跡が残ってしまったら美容外科などに相談をしてみてください。


レーザー治療は、レーザーの照射で肌内部からのコラーゲン生成を活性化、肌の再生を促進させ、傷やへこみを収縮させます。


にきびの予防には、
基本的なことですが、野菜やサプリメントで足りないビタミンを補充するように心がけましょう。

肌に良いビタミンとしてビタミンB2,ビタミンB6,ビタミンCをお勧めします。

・ビタミンB2

体の中でビタミンB2が不足してしまうと脂質をうまくコントロールすることができなくなり、皮脂の分泌の量に影響がでてきてしまいます。


・ビタミンB6
ビタミンB6は、体内のアミノ酸がたんぱく質の再合成をする働きがあり、皮膚を作るのに必要不可欠なビタミンです。



・ビタミンC
ビタミンCがお肌にいいのはご存知だと思いますが、コラーゲンの合成や、鉄分の吸収などをする働きがあります。
 
皮膚の下にある真皮はほとんどがコラーゲンになっています。
 
ビタミンCはコラーゲンを形成することで、年齢とともに減っていくコラーゲンの助けをしています。

ビタミンCの働きのおかげで、肌の機能低下を防ぐことができ、にきび(ニキビ)予防にもつながってくるのです。


ビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6を上手に摂取することで、にきび(ニキビ)予防はもちろん、肌の調子を整えることにもつながってきます。


<肌へのやさしさ>

大人のニキビ対策に!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。