ノーベル賞受賞成分配合『 EGF Silky 』で蘇る肌を体感
コスメに依存しない、素肌美人を目指す EGF Silky..*

にきび治療

クリニックのご紹介

にきびでお悩みの方のために、にきび治療では短期間で最も効果を上げられる【東大式トレチノイン療法】を中心に、その他のにきびの有効治療を積極的に組み合わせ、独自のにきび治療メニューを生み出しました。


美肌医療の専門機関である『美容皮膚科』だからこそ出来ることなのです。


2007年、専門医による美容皮膚クリニックオープン!

はなえクリニック美容皮膚科/東京



美肌専門医による安心確実なにきび治療


人気ブログランキングへ

にきび治療

ニキビ予防!!洗顔方法




皮膚科専門医がお肌のことをまじめに考えて開発した低刺激・弱酸性 洗顔石鹸【お得な2個セット】

アクネ菌をケアするということは、固まった皮脂、コメド(白にきび(ニキビ))を赤にきび(ニキビ)や黄にきび(ニキビ)に悪化させるのをふせぐ効果があります。

これも、正しい洗顔を見につけることで可能になってきます。

正しい洗顔は、ごしごしこする、という事はなく、優しく洗うことにつながってきます。

肌を清潔に保つ方がよいといって、洗顔のやりすぎは皮膚の乾燥などのダメージにつながることもある、ということになります。

正しい洗顔がアクネ菌の対処法になるといいましたが、洗顔の数を増やす、というのは正しい洗顔には入らず、逆に肌にダメージを与えてしまう結果になることがあるのです。

洗顔は1日2〜3回が望ましいといわれています。


大人のニキビ対策に!

ニキビ専門のコースが格安体験!!


にきび治療の切り札、皮膚科の処方成分である過酸化ベンゾイル含有、アクネトリートメント


人気ブログランキングへ

にきび治療

保険対象のニキビ治療

これらのニキビ治療には保険が効きます。


@抗生物質の外用剤(ダラシンTゲル、アクアチムローションなど)を使い、アクネ菌を殺して毛穴の炎症を抑える。


Aビタミン剤(B2、B6、ビタミンC)の内服で皮脂の分泌亢進を正常化
皮脂の酸化、炎症の広がりを抑えます。炎症後の色素沈着を抑えます。


B抗生物質の内服。テトラサイクリン系の抗生物質(ミノマイシン)は、アクネ菌を殺す作用に加え、リパーゼ(皮脂を分解して赤い炎症を起こす脂肪酸を作る作用を持つ)の働きを抑える。


C毛穴の詰まり:面疱を圧出する処置


Dニキビの漢方薬や男性ホルモンの働きを抑える内服薬



保険適用外のニキビ治療

@ケミカルピーリング&イオン導入
大人のニキビは毛穴の出口に古い角質が蓄積して毛穴が詰まることが原因です。
ケミカルピーリングは酸性の溶液で皮膚の古い角質を取り除くことで肌の新陳代謝を促進し、ニキビやニキビ跡に非常に効果があります。


Aレチノイン酸治療
レチノイン酸は、皮脂腺を萎縮させ、皮脂腺の機能を低下させるとともに、毛穴に蓋をしている角質(角栓)をはがれやすくすることによってニキビを治していきます。


詳しくは皮膚科クリニックへ
ニキビ専門のコースが格安体験!!


にきび治療の切り札、皮膚科の処方成分である過酸化ベンゾイル含有、アクネトリートメント


にきび治療

にきびは、絶対に潰さない!!



【にきび治療薬ピンプリット 18g 】

にきび跡をつくらないためにも、にきびができた時のケアはとても大切です。にきびが顔にできてしまうと、目立つので特に気になってしまいますね。


ですが、にきびを気にして手で触ったり、にきびを潰したりしてしまうと皮膚が炎症を起こしてしまい、にきびの炎症が治った後にもにきび跡が残ってしまいます。


つまり、にきびができてもきちんとしたケアをせずに、にきびをつぶしてウミを出すだけでは、後ににきび跡が残ってしまうのです。


にきびを潰してしまってできたにきび跡は、自然に綺麗に治ることはないので、にきび跡の治療に苦慮することになります。


にきび跡をつくらないためにも、にきびは決して潰さないで、正しくケアをしましょう。

にきびは毛穴がつまった程度のものから、少し炎症を起こして赤くなった状態、化膿してしまった状態まで3段階に分けられます。


にきびの原因の中でも口の周りのにきびは、大人の方が多く、食べ過ぎや偏食によるものです。


にきびを予防するためにも、最低でも朝晩2回の洗顔が基本です。


便秘もにきびの原因になるので、食物繊維を多くとって、適度な運動をするようにします。


にきびが跡になってしまったら、美容外科でレーザー治療などを受ける方法もあります。


レーザー治療では、肌内部からのコラーゲン生成を活性化し、肌の再生を促進させることで、傷やヘコミを緩和させます。


ケミカルピーリングを行なうときは、お肌に合った濃度の薬品を使わないと皮膚炎を起こすことがありますので、肌が弱い人は注意が必要です。


ビタミンC誘導体を使った治療では、高濃度で配合したビタミンCを使うことによって、にきび跡の治療に効果があると言われています。

大人のニキビ対策に!

ニキビ専門のコースが格安体験!!


にきび治療の切り札、皮膚科の処方成分である過酸化ベンゾイル含有、アクネトリートメント



<肌へのやさしさ>

素肌に自信が持てない方、いらっしゃい。美肌の秘訣はコチラから。

人気ブログランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。